矯正Q&A

2013.04.27更新

A:個人差はありますが、乳歯は12歳前後ですべて抜け落ちて永久歯列になります。お子さんが7歳から10歳ぐらいであれば、施せる矯正治療がたくさんあり、この時期に何もせずに永久歯に生え替わるのを待っていると、顎のズレや歯並びの問題が更に重大になります。

顎が大きくなり歯が生え替わる時期に、かみ合わせを乱す原因である歯並びの治療や、指しゃぶり、舌の癖等の悪習癖をなくし、良い方向に成長発育を誘導する医療を咬合育成といいます。現代のお子さんの顎は食生活習慣の影響等で小さくなってきており、矯正治療で永久歯を何本か抜歯したという話はよく聞きますが、早い時期の矯正治療による咬合育成が、永久歯非抜歯治療の可能性を高めることができるのです。

残念ながら学校歯科検診で「歯並び」の指摘を受け、はじめて我が子の歯並びが悪いことに気付くご家族が多いのが現状です。もっとお子さんの歯並びに興味を持ってお口の中をよく見てください。特に家系に一人でも歯並びの悪い方がいる場合は遺伝的影響が心配されますので、日本矯正歯科学会が推奨しているように、矯正歯科専門医院への早期受診をお勧めします。

歯並びのことでお悩みでしたら
お気軽にご予約・ご相談ください

住所 栃木県宇都宮市江野町10-1
最寄駅 東武宇都宮駅

  • 24時間Web予約はこちら 空き状況を確認する
  • メールお問い合わせはこちら ご相談の受付
  • btn_bottom03.jpg
  • つぶら矯正歯科 BLOG
  • Q&A
  • 診療カレンダー
  • スタッフ募集
  • ア歯科螺良クリニック