矯正Q&A

2013.04.27更新

専門用語で正しい歯並びを「正常咬合」、問題のある歯並びを「不正咬合」と言います。今回は不正咬合の簡単なチェックポイントをお話します。

お口の中を見て最初に確認することは歯の本数で、正しい歯並びであるためにはこれが大前提となります。通常乳歯は上下各10本ずつの計20本、永久歯は親知らずを除くと上下各14本ずつの計28本があり、1本でも多くても少なくてもその時点で不正咬合となります。歯の本数が正しくてもまだまだ安心できません。次の項目をチェックしてみて下さい。
①歯が連続的に並んでおらず八重歯やデコボコがある
②上の前歯が極端に前へ突き出て唇が閉じにくい。
③下の前歯が上の前歯より1本でも前にある。
④咬んだ時に下の前歯が見えない。
⑤奥歯で咬むと上下の前歯が咬み合わずその隙間から舌が見えている。
⑥上下の前歯の真ん中の線がずれている。

以上、6項目はどの年代でも1つでも該当すれば立派な不正咬合です。
逆に言えば当てはまらなかった方は良い歯並びの可能性が高い訳ですが、ここには挙げきれなかった他にも多くの不正咬合があり、一見歯並びが良く見えても、実際咬み合わせを調べてみると咬めていない場合もありますので、少しでも疑問をお持ちの場合は、早い時期に矯正歯科専門医院を受診して長期的な治療計画を立てましょう。

歯並びのことでお悩みでしたら
お気軽にご予約・ご相談ください

住所 栃木県宇都宮市江野町10-1
最寄駅 東武宇都宮駅

  • 24時間Web予約はこちら 空き状況を確認する
  • メールお問い合わせはこちら ご相談の受付
  • btn_bottom03.jpg
  • つぶら矯正歯科 BLOG
  • Q&A
  • 診療カレンダー
  • スタッフ募集
  • ア歯科螺良クリニック