歯並びチェック

■歯の列がデコボコしている
■歯のカスが取れにくい


叢生(らんぐい歯)
歯並びが乱れてデコボコしている状態。顎と歯の大きさのバランスが非常に悪く、歯と歯が重なったり、歯がデコボコに生えたりします。歯磨きが上手く出来ないので、むし歯や歯肉炎、状態が悪化して歯周病まで深刻すると、歯を失うことになってしまいます。

■口を閉じた時に、下の歯が上の歯より前に出てしまう
■アゴがしゃくれてくる
■咀嚼がうまく出来ないので食事に時間がかかる
■喋っている言葉が聞き取りづらい


下顎前突(反対咬合・受け口)
上下の噛み合わせが逆さになっております。原因としては、遺伝的な要素と幼少期に上のくちびるを吸ったり、舌を前に突き出したりなどのクセがあります。

下顎前突の治療は永久歯が全て生え揃った状態だととても難しいので、出来るだけ早い治療が望ましいです。

■上の前歯が前に出てしまう
■前歯により、上唇が前に出ている口が閉じにくい
■無理やり口を閉じても、不自然な形になる

上顎前突(出っ歯)
上アゴの前歯が突出している状態。一般的に出っ歯と呼ばれるもので、原因は上顎だけの成長、下顎の未発達、幼少期の指しゃぶりのクセがあります。また、幼少期に鼻に疾患を抱えており、口呼吸がメインとなっている子もなりやすいです。

■口を閉じても、前歯に隙間が空いてしまう
■隙間が空いているので、舌を前に出す癖がつく

開咬(かいこう)
奥歯が噛めるが、前歯が噛み合わない状態です。
遺伝的な原因がほとんどですが、幼少期の指しゃぶりや舌を前に出す癖、口呼吸なども原因としてはあります。

前歯が噛み合わないので普通よりも発音がしづらく、言葉が聞き取りづらくなることもあります。
また、食事にも影響があり、奥の歯で噛むことが自然に起きるので、食事に時間がかかったりします。

歯並びのことでお悩みでしたら
お気軽にご予約・ご相談ください

住所 栃木県宇都宮市江野町10-1
最寄駅 東武宇都宮駅

  • 24時間Web予約はこちら 空き状況を確認する
  • メールお問い合わせはこちら ご相談の受付
  • btn_bottom03.jpg
  • つぶら矯正歯科 BLOG
  • 患者様の声
  • 症例集
  • Q&A
  • 診療カレンダー
  • スタッフ募集
  • 子どもの矯正専門サイト
  • ア歯科螺良クリニック